にほんブログ村 アニメブログへ

 

ニューヨーク大学の心理学教授ガブリエル・エッティンゲンが提唱する心理対比:ウープ(WOOP)とは…

〇〇大学の研究・実験
WOOPの頭文字は、
W 願い(Wish)
O 成果(Outcome)
O 障害(Obstacle)
P 計画(Plan)を表していて、

仕事や人間関係、
ダイエットや健康など、

あらゆる目標に
適応できる法則だそうです。

「上の画像からAmazonへ」以下引用
夢や目標がある人に向けた定番のアドバイスがある。
ポジティブになろう!
悪いことは考えず楽観的になろう…etc.

しかし著者の研究によれば、
「夢見る人」の多くは「実行する人」ではない。

気分がいいのはポジティブ本を読んでいる間だけ、
現実に接すればたちまち夢はしぼむ。
(中略)
目標を達成するには、
ひたすらポジティブに夢見るよりも、
理想と現実のギャップに注目し、
対策を立てたほうが効果的なのだ。

困難も障害もない世界が存在するのは、
ポジティブ本のなかだけなのだから。
タイトルとURLをコピーしました