にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃 無限列車編:炭治郎自身の本能の警告「すでに気付いてるはずの”小さな手がかり”を炭治郎が理解できていないため」本人や父の姿を借りて出現し警告した…

マンガ・アニメ

斬るべきものは在る…斬るべきもの…目覚めるために。わかった…と思う。でも、もし違っていたら?

炭治郎は上記のように自問自答を繰り返し、遂には決断をしてピンチから脱出をします。

「どうしたらいいかわからない」「どうしようもない」と考えてしまう「思考の放棄癖」を解消する答えとその理由。

「答え」
答えや解決策と呼ばれるものは、
現状における仮説にすぎません。

しかし、

仮説さえあれば行動することができます。

仮説をもとに行動する過程で、
よりよい仮説も生まれてくるはずです。

とにかく考え、自分なりの解答を出してみる。
それだけで前進することができると思います。

「思考放棄の理由」思考放棄の理由は2つあると考えられそうです。

①自分の問題解決能力に自信がない。

自分自身の能力に対する自己評価を、
心理学では「エフィカシー」(自己効力感)
といいます。


「自分はこれだけのことができる」
という信念と言い換えてもいいと思います。

人は皆、炭治郎と同じように
問題に直面したとき、
無意識のうちに自己と対話をするようです。

このときエフィカシーが低ければ、
その問題はとても大きく
難しいと感じてしまうでしょう。

②ほんとうに問題が難しい

シンプルな問題ならともかく、
現代の私たちが直面する深刻な問題は、
専門家であっても
最適な答えを出すことが難しいと思われます。

とはいえ、「しかまないよ」と言って、諦めるわけにはいきません。

なんとかして
「どうしたらいいかわからない」
「どうしようもない」という問題を、
炭治郎のように断ち斬る必要があります。


そのためにまずは、
答えを出せることから出してみましょう。

今回の参考著書↓

タイトルとURLをコピーしました