にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃:炭治郎がカナヲにした「手品のような心理療法」を考察します。

マンガ・アニメ

「人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる」

炭治郎はカナヲの心を治療する際、カナヲをハラハラさせ、その後ビックリさせています。このように、ブリーフセラピーの解決焦点型は、相手に問題解決をイメージさせるために様々な手法を使います。

炭治郎の使った技術は、心理テクニックの「混乱法」と「驚愕法」で説明できるのです。

人は意識状態を相手に崩されたり変化させられると、その相手に好意を持ったり、言うことを信用することがあります。(もちろんその逆もしかりですので、悪用は厳禁です)
炭カナ | ミコトアヤ
「混乱法」とは、、
専門用語や複雑な理論、聞いたことのない言葉を使ったり、早口で話すことによって相手の思考を崩します。

アニメや漫画でもよく利用されていて、エヴァンゲリオンなどはその代表例と言ってもいいかもしれません。

シリアスな戦闘シーンなどでは、エヴァンゲリオン的な専門用語が飛び交い、日常シーンでなんとなく解説される。このような演出効果の強弱の繰り返しが多用されています。
無限列車編楽しみ!!!!!! | さんもん

サプライズプレゼントなどでもお馴染みの、相手をビックリさせて思考を崩すテクニックが「驚愕法」です。

炭治郎のすごいところは、「混乱法」と「驚愕法」を言葉を使わずにおこなったところです。

炭治郎は、銅貨を空高く投げてカナヲの思考を「混乱」させ、急に両手を強く握りしめてカナヲを「驚愕」させました。

2つのテクニックをほぼ同時に受けたカナヲは、炭治郎の言葉を受け入れやすくなっていたはずです。

そして最後に炭治郎は、「カナヲ 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」このように伝えたのです。
【炭カナ】炭治郎の天空鏡 | Ru-na
鬼滅の刃:炭治郎がカナヲにした「手品のような心理療法」を考察。|鈴木一弘 苫米地式コーチング認定コーチによる研究紹介・アニメ解説|note
「人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる」 ブリーフセラピーの解決焦点型は、相手に問題解決をイメージさせるために様々な手法を使います。 炭治郎はカナヲの心を治療する際、カナヲをハラハラさせ、その後ビックリさせています。 ______________________________ その技術は心理テク...

コメント

タイトルとURLをコピーしました