にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃 無限列車編:煉獄さんのお父上は、なぜ刀を置いてしまったのか!?「自分を変える」影響されない自分づくりのコツ。

マンガ・アニメ

煉獄さんのお父上は、後のエピソードで呼吸の元祖である「継国縁壱(つぎくによりいち)ですら鬼舞辻無惨を倒せない」ということを知り、力の差にショックを受け、さらに同時期に奥様を病で亡くしてしまいました。

「煉獄さん」 | 可惜よるき🌙

人は知識があるがゆえに、かえって知識の習得が妨げられてしまうことがあるようです。

例えば、「鬼を狩り、鬼舞辻無惨を倒すことが幸せの道」と教えられて育った人は、鬼殺隊以外の職業に対してまったく興味が持てなくなったり、鬼殺隊の悪いところがいっさい見えなくなる。このようなことが起こります。

人は重要だと思うもの以外、認識しないということ。認識しないもの…それは存在していないのと同じです。

「旅立ち」 | ✌nashimura✌

「自分の本当にやりたいことを知る」「自分を変える」「人生の選択肢を変化させる」には?

物事の重要性を決める指標を
「評価関数」と呼びますが、


それはほとんどの場合、
自分の両親からきているとのことです。

親から子供に受け継いだ評価関数は、
「コーヒーにするか、紅茶にするか」
といった些細なことから、


「どこの会社に就職するか」といった
人生の重要項目まで、
すべてに影響を及ぼしているそうです。

煉獄さんのように親に左右されない心を持つには、まずは親を超えればいいのです。

つまりは「今まで正しいと思っていたことをすべて否定してみる」ということが、「本当にやりたいことを見つける」「自分を変える」「人生の選択肢を変化させる」第一歩になりそうです。

今回の参考著書↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました