にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃: 「どのような時でも、誇り高く生きて下さいませ」伊之助は戦いのなかで、藤の家のお婆さんに言われた言葉を思い出しました。

マンガ・アニメ

「どのような時でも、誇り高く生きて下さいませ」炭治郎は、この言葉を「自分の立場をきちんと理解して、その立場であることが恥ずかしくないように正しく振る舞うこと」と伊之助に要訳しました。

「未来に大きな成功をする」
「世界を平和にする」

どんな夢でも、
心の底から確信をしている人は、

自分の立場をしっかりと理解し、
それに恥じない振る舞いをして
生きていくことが望ましいはずです。

それはつまり、
「高い自己評価で生きていく」
ということになります。

機能脳科学や認知科学の成果として、
「自己評価が高いと、
行動的になり、能力が高まる」
ということが分かっています。
推圖 | 墨研

自己評価さえ高まれば、自身の思いを世界で実現させ、望み通りの人生を送ることができるかもしれません。

このブログで言っている
「自己評価」とは、

心理学用語では「エフィカシー」
と言われているもので、

詳しく説明すると、
「自分のゴール達成に対しての、
自身の能力の自己評価」
となります。

「エフィカシーの特徴」
高いエフィカシーの人と一緒にいると
自分のエフィカシーが高まっていく。

自己評価を高めたいのなら、
炭治郎のように
「僕は必ず世界を平和にする」と、
心から確信をしているような人と
一緒にいるべきなのです。
伊之助 | 朝田ハチ

努力は不要。トレーニングや練習は後から必ずついてくるものです。まずは「誇り高く生きる」ことが重要です。

多くの人は、
トレーニング能力アップ相応の結果が出る
と考えていますが、

機能脳科学や認知科学では、
自己評価が上がる相応の結果が出る能力アップ
と考えられています。

つまり、
エフィカシー(自己評価)さえ上がれば、
自分の目的やゴールに対して必要な要素が
自然に集まってくるという考えです。

おそらく藤の家のお婆さんは、
このような考え方を体感的に知っていて、
旅立つ炭治郎たちに
「どのような時でも、誇り高く生きて下さいませ」
という言葉を送ったのだと思われます。
あったかいねぇ | しち

コメント

タイトルとURLをコピーしました