にほんブログ村 アニメブログへ

 

呪術廻戦 0 眩しい闇:乙骨憂太も笑顔になる打開策「闇から抜け出す方法」

マンガ・アニメ

君にかかった呪いは 使い方次第で人を助けることもできる 力の使い方を学びなさい 全てを投げ出すのは それからでも遅くはないだろう ──五条悟

高専五条 | あさの(小豆ねい)

「闇から抜け出す方法」その①「過去は、まったく関係ない」という考え方を身につければ、「過去に縛られない人」になれるはずです。

ある日、あなたは友人と
回るお寿司屋さんに行きました。

すると、あまり好きではない
マグロが流れてきました。

当然あなたはそのマグロをスルーします。

次に、あなたの好きな
カッパ巻きが流れてきました。

あなたはそのお皿を取って、
美味しそうに食べました。

ここで一緒に来ていた友人が、
「マグロが流れてきたから、
次にカッパ巻きが流れてきたんだね!」
と言いました。


はたしてそれは本当でしょうか?
すしおけ | チャイ

「当たり前だと思っていること」を疑うことで、新たな発見や考え方を身に付けることができそうです。

「マグロが流れてきたから
カッパ巻きが流れてきた。」

これが、
「過去が現在、未来をつくっている」
という時間軸での考え方です。

「過去→現在→未来」
あらゆる物事が玉突き的に生じる
という考え方は、

神様によってあらゆるものがつくられた
というキリスト教的な考え方と言えそうです。

「闇から抜け出す方法」その②「未来が過去をつくる」という時間軸も理解しておくと便利です。

回転寿司の話でわかるように、
この時間軸での考え方は


反対に、
「過去は未来とまったく関係ない」
と言うことができます。

そして、
カッパ巻きが流れてくる「未来」によって
美味しく食べているという「現在」がつくられ、
「あのカッパ巻き美味しかったなぁ」
という「過去」の思い出がつくられます。

これが、
「未来→現在→過去」
「未来が現在、過去をつくる」
という時間軸での考え方です。

この考え方はアビダルマ仏教
(もともとの仏教から分裂してできた仏教)
では当たり前の考え方だそうです。
純愛 | POTATO

時間の捉え方を変えてみれば、様々な認識を変化させることができるはずです。

乙骨憂太は、
祈本里香ちゃんに呪われていた訳ではなく、

過去の記憶から作られた信念に囚われ、
過去のイメージを引きずり、

本当は自分自身も変化しているのに、
それを認めることができなかったり、

無意識のうちに、
「過去の自分はダメだったから、
未来の自分もダメだろう」と考え、

それにふさわしいふるまいを
とってしまったというところでしょう。

未来を考えるときは、過去→未来よりも、「明るい未来」からイメージして逆算をしていくようにすれば、どんな現在も過去も、「明るい未来」を作るために必要なことであったと思えるようになるはずです。

五条先生の言う通り、全てを投げ出すのは、それからでも遅くないということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました