にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃:鬼の圧倒的な力、「恐怖に打ち勝つ鬼滅力」

マンガ・アニメ

「恐怖」や「不安」を解消するには、①リスクを把握する②信念をリセットする③リアルから脱出する④多角的視点でIQを上げる などの方法があります。

【①リスクを把握する】「〇〇だったらどうしよう」といった恐怖や不安を解消するには、

未来の予測と、予測に対しての対処
必要なはずです。

きっと炭治郎なら、
・現在の状況
・これから起こりうる出来事
リスクなどを把握して、
適切に対処することでしょう。

それらをおこなうことによって、
「漠然とした不安に襲われる」ことは
少なくなるはずです。
木漏れ日 | ななせ

【②信念をリセットする】恐怖や不安は、誤った信念からくるものもあります。

たとえば、
「鬼殺隊になっても、
貧乏になってモテないぞ!」と、
子供の頃から親や友人に言われ続けると、


その言葉はやがて信念となって、
実際は鬼殺隊になっても
貧乏にならず、
モテモテの隊員が居たとしても、

鬼殺隊に対して
不安に思ってしまうものです。

誤った信念を変化させるには、まず正確な情報を集めることです。

そして、
「鬼殺隊は本当に貧乏なのかな?」
「モテる鬼殺隊員はいないのかな?」
「そもそも貧乏とか、モテるとか、
鬼殺隊になることと関係があるのかな?」

おそらく炭治郎なら、
このように前頭前野を働かせ、
色々な角度から考えるはずです。

その結果、
「鬼殺隊=貧乏」
「鬼殺隊=モテない」という
信念を変化させることができれば、

鬼殺隊に対しての恐怖や不安も、
生じなくなるのです。
炭治郎 | かざねまり

【③リアルから脱出する】あまりにも怖い、不安すぎるという場合は、その場から脱出するのもわるいことではありません。

あまりにも恐怖や不安が強いと、恐ろしいことがすぐに起こるかのように脳が錯覚してしまいます。

このような場合は、
とにかく、「臨場感がある空間」
(リアルに感じている世界)から
抜け出すと良いことがあります。

炭治郎なら「逃げない!!」と言って、
歯を食いしばって
我慢してしまうかもしれませんが、

現代人の私たちなら、
少しその場を離れたり、
何日間か旅行に行ってもいいでしょう。

恐怖の臨場感がある空間から抜け出せば、
ある程度恐怖がおさまり、
前頭前野が活性化して
問題解決の可能性がアップするそうです。
Light | ひめち

【④多角的視点でIQを上げる】ここで言うIQとは、情報をどれだけ自由自在に操れるか?というものです。

鬼と対峙するような強い恐怖は、前頭前野の働きを抑え、IQが下がり、冷静な判断が難しくなります。

不安や恐怖をコントロールできないと、
人は決断を誤りやすくなる
といえるでしょう。

何らかの問題を抱え、
不安や恐怖に襲われたときは、
一人で解決しようとは思わずに、

プロのコーチや、
まったく利害関係のない人から
アドバイスを求めるのが理想的です。

そのような人達なら、
何が本当に問題なのかを整理し、
前頭前野が再び活性化する
手助けをしてくれるはずです。


炭治郎なら、
善逸や伊之助など鬼殺隊の仲間が居ます。
TANJIROU | LYP

もしも相談をする相手がいない場合は、「〇〇さんならどう考えるかな?」が有効です。

炭治郎なら、
「煉獄さんならどう考えるかな?」
というように、
第三者の目線を利用するはずです。


多角的な視点で恐怖を分析したり、
解決方法を考えることによって、
きっと鬼の恐怖に
打ち勝つことができるでしょう。

仲良しすぎる相手に

アドバイスを求める場合は、
注意が必要です。

親友や肉親の場合は、
たとえ利害関係がなかったとしても、
親身になりすぎて、

同じ臨場感がある空間を
共有してしまい、

お互いに冷静な判断が
できなくなることがあるからです。

TVアニメ「鬼滅の刃」次回予告第二話

コメント

タイトルとURLをコピーしました