にほんブログ村 アニメブログへ

 

鬼滅の刃診断:「五感組チェックテスト」頭がよくなる五感の使いかた。

マンガ・アニメ

「五感組」とは、炭治郎を含む同期の剣士5人のことを言います。5人はそれぞれ五感に関わる特殊能力をもっています。

人にはそれぞれ優位な感覚があります。優位な感覚を意識的に使うことでIQが上がりやすくなり、頭もよくなるのです。

脳が情報を認識・伝達する際の、情報出入口のことを「モーダルチャンネル」と言います。

目、耳、鼻、口、手(皮膚)+言語などがモーダルチャンネルにあたります。自分の優位な感覚を知るために、簡単な「五感組チェックテスト」をしてみましょう。

【鬼滅の刃】鬼殺隊同期組 | 杜 太夫(もり)

【五感組チェックテスト】あなたの優位な五感は?

Q.あなたはレストランに行ったとき、
どのようなことが記憶に残りやすいですか?

①外装・内装、店員の服装や料理の色など
②店内の音、店員の声、他者の話し声など
③エントランス、店内や料理の匂いなど
④料理の味、飲み物の味など
⑤座り心地、食器の質感や肌ざわりなど

⑥店舗名の由来、総合的なサービスシステムなど

2つ気になる、
3つ気になるという場合は、
優位な感覚が多い人なのかもしれません。
無題 | 冬木

①「視覚型」栗花落カナヲタイプ

カナヲは、
ものすごい動体視力を持っています。

無限城編では、
相手の全身の動きを見て
次の攻撃を予測するという
技を使いました。

【終ノ型 彼岸朱眼(ひがんしゅがん)】
全集中の呼吸の血流を目にあつめて、
視覚をパワーアップさせる奥義です。

カナヲタイプのあなたに適した

視覚のモーダルチャンネルを
強めるトレーニングは、

見たものや文章・数字など

あらゆることを色にたとえてみましょう。
きめつログ | snt

②「聴覚型」我妻善逸タイプ

善逸といえば
眠っている時の爆発力ですが、
目を閉じていても
鬼と戦うことができるのは、
視覚を補うほどの聴覚があるからです。

さらに、聴こえてくる音によって、
相手の人柄や
心理状態を認識することができます。
音楽の耳コピも可能なようです。

善逸のように聴覚型のあなたが、
さらにその感覚を鍛えるには、

音で様々なことを
判断するトレーニングです。

まずはアーティストの名前を見て、
すぐにそのアーティストの楽曲を
頭のなかで流す訓練をしてみましょう。
壱ノ型 水面斬り | 左ノ丸

③「嗅覚型」竈門炭治郎タイプ

獣並みの嗅覚で匂いを嗅ぎ分けて
危険を察知したり、
相手の人柄やウソを判断することも
できるようです。

「隙の糸」
修行により、
必殺のチャンスの間合いを
「隙の糸」として
嗅ぎ取れるようになりました。

炭治郎タイプの
あなたに合ったトレーニングは、
好きなアーティストの曲を
匂いで表現してみましょう。
ログ3 | ろくた

④「味覚型」不死川玄弥タイプ

鬼を食べる事で
鬼の能力を得られる不死川玄弥は、
食べた鬼が強いほどその能力が上がります。

入隊してから数ヶ月で
背が20cmも伸びたのは、
鬼を食べたことが関係しているのでは?
と考えられています。

味覚型のあなたにオススメの
トレーニングは、

カフェやレストランの
メニューや写真を見て、
一瞬で味を想像してメニューを決める
という訓練です。

最短1秒でメニューを決められるように
トレーニングしてみましょう。
無題 | てのべ

⑤「触覚型」嘴平伊之助タイプ

強力な触覚(皮膚感覚)を持つ伊之助は、
その感覚をもとに
相手の強さを感知したり、
空気を鋭く読むことができます。

相手との会話や心情なども、
文字通り「肌で感じている」ので、
口では荒々しい暴言を吐いていても
優しい一面を見せることがあります。

そんな触覚型のあなたを強くするには、
その場その場のシチュエーションで、
空気や雰囲気を感じ取り、
そのイメージを増強させる訓練をすると
いいかもしれません。

嫌な空気や雰囲気の場合は、
それを危険とみなして、
その場を立ち去るのも
わるくない判断だと思います。
禰豆子 | ふわり

⑥「言語型」竈門禰豆子タイプ

炭治郎の同期ではないですが、
五感組として扱われることがあります。

炭治郎と同じように、
禰豆子も鼻が利いたり、

意識を保つことさえ難しい鬼化をしても、
「人間を食べない」という言葉を
しっかりと守りつづけています。

そのあたりも踏まえて、
能力の総合的なレベルの高さから
「言語型」として位置づけをしました。

禰豆子タイプの人のトレーニングは、
あらゆる出来事や物を
「言葉」であらわすように
訓練してみるといいでしょう。

抽象的な音楽や絵画などを、
相手に伝わるぐらい鮮明に
あらわすことができるようになれば、
作家にだって簡単になれるかもしれません。

それぞれの得意な感覚を使ってトレーニングをすることによって、皆さんも五感組のように「ものすごい人」になれる可能性を秘めています。

楽しみながらゲーム感覚で訓練をつづけていくと、いつの間にかびっくりするような能力が発揮できるかもしれませんので、ぜひやってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました