にほんブログ村 アニメブログへ

 

呪術廻戦:あなたはどっち?スクナ的考えと、イタドリ的考え。

マンガ・アニメ

「オマエは強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい、救えるヤツは救っとけ。迷っても感謝されなくてもとにかく助けてやれ。オマエは大勢に囲まれて死ね。俺みたいにはなるなよ」

上記のセリフは、病床であった虎杖倭助が、孫の虎杖悠仁に告げた最後の言葉です。

欲望は小さくしようとするのではなく、むしろ大きくすることが、解決策になるかもしれません。

「自分だけが幸せならそれでいいぜ!」このようなスクナ的考えの人は、意外に多いのかもしれません。

そのような利己的な考えを「欲望が強い」とか「煩悩」と言い、一般的には「あまり良い考えではない」と認識さているようです。

反対に「他人を幸せにしよう!」という、利他的なイタドリ的考えの人は、意外に少ないことでしょう。
呪まとめ② | 髙橋

それでは「自分だけが幸せならそれでいいぜ!」という考えをパッと頭から無くして、すぐに「他人を幸せにしよう!」と考えられるでしょうか?

虎杖悠仁のように強い心と両面宿儺に対する耐性を持っていれば、すぐに「他人を幸せにしよう!」このように決意できるかもしれませんが、

「自分だけが幸せならそれでいいぜ!」と強く思っている人は、それを反対の「他人を幸せにしよう!」という考えに変化させることが難しいはずです。
呪まとめ② | 髙橋

そこで使える方法が、「煩悩を飲み込んで大きく包む」という必殺技です。

「自分だけが幸せならそれでいいぜ!」というスクナ的考えをむりやり切り替えるのではなく、虎杖悠仁のように思い切って飲み込んでしまいましょう。

ある意味で「自分だけ」というスクナ的考えは、ちっぽけな考えです。

ちっぽけな考えでは、きっとちっぽけなことしかできないはずです。

そんな煩悩はごくんと飲み込んで、むしろ大きく虎杖悠仁のように包んでいきます。

自分だけが幸せに、、ではなく、
友達や家族、隣りにいる人、
近所に住んでいる人、
地域の人、日本にいる人、
アジアの人たち、地球にいる人全員、

「すべての人たちが幸せになればいいぜ!」

というように、飲み込んで大きく包んでしまえば、スクナ的考えを超えてイタドリ的考えに変化するのです。

そうすれば、ちっぽけな煩悩にとらわれることなく、自分の人生も他人の人生も豊かにすることができるはずです。
呪術LOG① | ②
呪術廻戦:あなたはどっち?スクナ的考えと、イタドリ的考え。|鈴木一弘 苫米地式コーチング認定コーチによる研究紹介・アニメ解説|note
「オマエは強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい、救えるヤツは救っとけ。迷っても感謝されなくてもとにかく助けてやれ。オマエは大勢に囲まれて死ね。俺みたいにはなるなよ」 上記のセリフは、病床であった虎杖倭助が、孫の虎杖悠仁に告げた最後の言葉です。 欲望は小さくしようとするのではなく、むしろ大きくすることが、解決策...

コメント

タイトルとURLをコピーしました