にほんブログ村 アニメブログへ

 

アニメやマンガには様々な死があります。死の恐怖から逃れる方法とは!?

マンガ・アニメ

人間たちが

無意味にあっけなく死んでいくのは、自然法則のように当然なことであり、普通のことだ。これらの作品は、まるでそうしたメッセージを読者に伝えているかのようです。この残酷で理不尽な世界に対する、根本的な諦念というか達観のようなものが感じられます。

たとえば『鬼滅の刃』は努力の果ての残酷な死を。『呪術廻戦』は悪意を煮詰めた嘲弄的な死を。『チェンソーマン』はチェーンスモーカーが煙草を吸うような軽すぎる死を。『アンデッドアンラック』では、ある日唐突に自分の手で親愛な家族を殺してしまうという加害的な死を――作品ごとに人間の死に対する意味付けは異なりますが、キャラクターたちがあまりにもあっけなく死に過ぎている、次々と死んでしまう、という共通点があります。

上記、現代ビジネスより引用____

認知科学・機能脳科学で死を考察すると、、

人は死んでしまったとしても、その人の果たした機能や残した功績は生き続けます。インパクトが強ければ強いほど、「誰かの脳内に生き続ける」と考えることができそうです。

死の恐怖の正体は「自分がこの世から消えてなくなる」という自己喪失感。自己喪失感に対しての処方箋とは?

自我をあらわすためには、たとえば太陽系の地球の〇〇国の〇〇県に住んでいるとか、〇〇と〇〇の娘というように、自分以外の物事と自分との関係性を伝えるほかありません。

ということは、宇宙が消えない限り自分が死んでも自我は消えることがないといえます。これがわかれば、自分が消えてしまうという「自己喪失感」に怯える行為には意味が無いということがわかるでしょう。

「自分が無価値になってしまう」という恐れに対しては、、

自分が生きているうちに、少しでも価値がある機能を見つけて、その機能(役割)を果たしていくことが重要となるでしょう。

極端な意見だと、

「生とか死とかを考えるのは暇」「心にまだまだ余裕があるのでは?」という意見もあるようです。

また、恐怖をあえて最大限に強めるイメージをして、いったい何が怖いのか?を分析し、ホラー映画を楽しむように恐怖を娯楽にしてみるという考えかたもあります。

アニメやマンガには様々な死があります。死の恐怖から逃れる方法とは!?|鈴木一弘 苫米地式コーチング認定コーチによる研究紹介・アニメ解説|note
人間たちが無意味にあっけなく死んでいくのは、自然法則のように当然なことであり、普通のことだ。これらの作品は、まるでそうしたメッセージを読者に伝えているかのようです。この残酷で理不尽な世界に対する、根本的な諦念というか達観のようなものが感じられます。 たとえば『鬼滅の刃』は努力の果ての残酷な死を。『呪術廻戦』は悪意を煮...

コメント

タイトルとURLをコピーしました