にほんブログ村 アニメブログへ

 

「沈黙は金」いいえ、脳にとって「沈黙は危険信号」と言えそうです。

〇〇大学の研究・実験

下記は、Carnegie Mellon College of Engineering Home Pageの記事の紹介です。

Finding silence in the brain
Alireza Chamanzar created an algorithm to locate regions of neural silence using an EEG, a widely accessible device that measures brain activity.

カーネギーメロン大学のAlireza Chamanzarは、脳活動を測定するEEG(脳波計)を使用して、神経沈黙の領域を特定する方式を作成しました。

脳は全身に力と指示を提供し、私たちが世界と相互作用をすることを可能にしています。そして、脳活動の変化をできるだけ早く検出することは重要です。

永続的な損傷につながる可能性のある危険な変化の1つは、神経の沈黙です。

ここでいう神経の沈黙とは、脳の一部に活動の兆候が見られないことを言っています。

研究によると、脳の沈黙領域は脳卒中または脳腫瘍の兆候である可能性があるようです。また、脳の沈黙は、損傷や組織の死からも生じる可能性があるといいます。神経沈黙の領域を特定することで、患者が早期に診断され、治療をより早く開始できるようになるそうです。

カーネギーメロン大学SilenceMap研究者であるAlireza Chamanzarの論文によるとSilenceMapと呼ばれるアルゴリズムは、患者の頭に配置された電極とEEGからのデータを使用します。

Novel Strategies for Sensing and Stimulating the Brain Noninvasively and Precisely

医師は通常、

脳神経の沈黙を見つけるためにMRIを使用します。しかし、MRIは持ち運び不可能であり、ベッドサイドでの継続的なモニタリングも使用できず、すべての患者が使用できるわけではありません。

さらにペースメーカーなどの金属製インプラントを使用している患者さんは検査を受けることすらできません。

これらの問題に対処するために、ChamanzarはEEGの使用を推奨しているそうです。

MRIと同様に、EEGは体に及ぼす害が低リスクで、手術を行う必要もありません。そしてEEGはMRIとは異なり、実施が簡単で持ち運びがもできるのです。

SilenceMapは大きな進歩を遂げましたが、今後も調査が必要です。

Chamanzarと彼のチームは、さらにアルゴリズムを改善して、精度を高める必要があると記載されていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました