にほんブログ村 アニメブログへ

 

深夜のおやつと翌日のパフォーマンス

〇〇大学の研究・実験

以下はノースカロライナ州立大学の研究の紹介です。

Discover NC State
We're a leading public research university located in Raleigh, North Carolina.

「ノースカロライナ州立大学の研究」

によれば、夜遅くにジャンクフードを食べることは、翌朝の頭痛、腹痛などの身体的症状や、翌日のネガティブな気分と関連しているそうです。
そして、その身体的症状と精神的症状の変化は、翌日の職場でのパフォーマンスの低下と関連していたというレポートです。

調査では、米国の97人のフルタイム従業員に一連の質問に1日3回、10日間連続で回答をさせました。

研究者は、人々が不健康な食事をしているとき、彼らは翌朝身体的な問題を抱えていると報告する可能性が高いことを発見しました。

問題には、頭痛、胃痛、下痢などがありました。さらに、人々が不健康な食事をしたとき、彼らはまた、翌朝、罪悪感や食事の選択について恥ずかしく感じるなどの感情的な緊張を報告する可能性が高くなったとあります。

「援助行動と離脱行動」

本質的に、人々が不健康な食事に関連する身体的または感情的な緊張を報告したとき、彼らはまた「援助行動」の減少と「離脱行動」の増加を報告する可能性が高かったのです。

「全ての人に当てはまる健康的な食事はなく、健康的な食事は栄養価だけではない」

職場での「援助行動」は、同僚を支援し、自分の責任ではないタスクで同僚を手伝うなど、利他的に一歩前進することを意味します。

「離脱行動」とは、職場にいる場合でも、仕事に関連する状況を回避することを指します。

研究者たちはまた、感情的に安定している人々、ストレスにうまく対処できる人々は、不健康な食事による悪影響が少ないことを発見しました。

感情的に安定した人々は、不健康な食事の後に身体的または感情的な緊張を感じる可能性が低いだけでなく、身体的または感情的な緊張を報告した場合でも、職場の行動が変化する可能性も低くなりました。
「ここでの大きなポイントは、不健康な食事が職場のパフォーマンスにほぼ即座に影響を与える可能性があるということです」と研究者は言います。

個人の食事の必要性や、何を食べているかではなく、いつ、どのように食べているかによっても影響を受ける可能性があるということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました