にほんブログ村 アニメブログへ

 

マッキンゼーから見たこれからの世界 その②

経済・世界のニュース

以下は、McKinsey&Companyの調査の紹介です

Feeling good: The future of the .5 trillion wellness market
Our new survey shows the future of the .5 trillion wellness market is bright as consumer interest and purchasing power rise across countries.

消費者は2022年中に

ウェルネス製品とサービスの両方の購入を増やすことを期待しているそうです。

特に心身の健康を重視したサービス(パーソナルトレーニング、栄養士、カウンセリングなど)へのシフトが進むことを期待しているとのことです。

ウェルネスの定義は、下記ブログの最初に記載してあります。

マッキンゼーから見たこれからの世界 その①|鈴木一弘 苫米地式コーチング認定コーチによる研究紹介・アニメ解説|note
以下は、McKinsey&Companyの調査の紹介です。 Feeling good: The future of the .5 trillion wellness market Our new survey shows the fut...

ウェルネス最大の支出者のタイプは、

SNSでブランドを積極的にフォローし、新製品の発売を追跡し、技術革新に興奮をしている高収入の消費者と、社会的責任を好む(および、多く支払うことを喜んでいる)消費者だそうです。

ウェルネス支出に向かないタイプは、

価格に対して敏感な消費者と、忠誠度の高い消費者だそうです。

ここで言う忠誠度の高い消費者は、現在のルーティンと知っているブランドに固執し、ウェルネスカテゴリにわずかにしか関与せず、ブランドや新製品を積極的にフォローしない消費者ということです。

消費者動向と企業がそれに対応する方法

調査によると、消費者が報告したウェルネスレベルの改善は、中国とブラジルを除くすべての国で遅れをとっており、市場が十分に機能していない可能性があることが示唆されています。

世界中のほとんどの消費者は、個人の健康レベルが停滞または低下していると報告しているそうです。

この調査では、時間の経過とともに勢いを増している6つの消費者の健康関連のトレンドも明らかになりました。

これらのトレンドは、ヘルスケアからフィットネス製品、栄養、美容、アパレル、小売に至るまで、大きく影響を及ぼします。正しく適用された戦略は、企業が消費者のニーズを満たし、このセクターの急速な成長に役立つということです。

トレンド1:ナチュラルでクリーンな製品

消費者は、スキンケア、化粧品、マルチビタミン、サブスクリプションフードサービス、睡眠促進剤など、さまざまな分野で自然でクリーンな製品に熱心です。シフトの大きさは目を見張るものがあります。

特にブラジルと中国で、自然でクリーンな製品を好むことを圧倒的に示しているそうです。

スキンケア商品や栄養補助食品の場合、世界中の消費者の約4割は、商品の効果よりも、より自然な成分の商品を選択すると回答したそうです。

企業のための潜在的な戦略としては、

開発ロードマップを再評価して、ナチュラルまたはウェルネス指向の製品を導入、またはナチュラルでクリーンな製品を取得する機会を検討します。

アパレルでは、有機、天然素材と持続可能性を念頭に置いて設計された製品。美容製品では、消費者の健康、自然でクリーンな商品を、小売業では、自然と共鳴する製品を念頭に置いた企業計画を実施します。

たとえばZarbee's Naturalsは、子供たちに自然療法を求める親にソリューションを提供することに焦点を当てました。
Zarbee's Naturals™
We make safe and effective products for the whole family - from vitamins to probiotics and immune support to throat relief - all from handpicked ingredients.
そして、セフォラの自社ブランドはクリーンメイクアップ商品を発売し、4店舗でのクリーンメイクの存在感を大幅に拡大しました。
Cosmetics, Beauty Products, Fragrances & Tools | Sephora
Discover the latest in beauty at Sephora. Explore our unrivaled selection of makeup, skin care, fragrance and more from classic and emerging brands

トレンド2:もっとパーソナライズする

多くの回答者が広い意味でのプライバシーは依然として懸念事項であると述べていますが、多くの回答者(特にブラジルと中国)は、プライバシーを個人向けにカスタマイズすることで快適となるようです。

さらに、世界中の消費者の大多数は、2、3年前よりもパーソナライズを優先していると述べています。

米国、英国、ドイツでは、消費者の88%以上が、2、3年前と同じかそれ以上に個人向けのカスタマイズを優先していると報告しているそうです。

企業のための潜在的な戦略としては、

個人向けにカスタマイズされたマーケティング機能を開発して、製品に最も関心がある消費者区分をターゲットにし、それらの消費者に合わせたメッセージングとストーリーテリングを行います。

製品販売の道筋に、個人向けのカスタマイズまたはそれに近い存在の製品を導入することを検討してください。

たとえば、ウェルネススタートアップは、消費者がクイズを通じて提出した情報に基づいて、個人向けにカスタマイズされたビタミンとサプリメントのサブスクリプションを提供します。

フィットネス技術会社は、生理学的データを収集して、パーソナライズされた睡眠とフィットネスの情報をユーザーに提供するフィットネストラッカーを作成しました。メンバーシップには、トラッカー、毎日の分析とコーチングへのアクセス、およびオンラインコミュニティに参加する機能が含まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました