にほんブログ村 アニメブログへ

 

オンラインファッション業界「6つのベクトル」

経済・世界のニュース
この記事は下記McKinsey&Companyの記事を、なるべく簡単にしてご紹介するものです。
Six vectors of success in online fashion
The United Kingdom has been the battleground and a major source of innovation for fashion e-commerce. Our research offers a glimpse into the “new fundamen...

UKはファッションeコマースの戦場であり、イノベーションの主要だそうです。

オンライン小売業で長期的な勝者を生み出している「新しいファンダメンタルズ」とは!?

UKの小売業者は、

外出禁止令などの激しい圧力に直面しました。しかし、デジタル需要は急増、一部の企業は大きな進歩を遂げています。世界中のファッション業界幹部、管理職の71%が、2021年にオンラインビジネスが20%以上成長すると予測しているそうです。
オンラインビジネスの成長は、オンライン普及率と関連性があると見られているようです。マッキンゼーとダイナタが2020年に実施したUKの2,642人を対象としたアパレル系の調査によると、今後のオンライン普及率は85%になる可能性があると見られています。

若い世代で人気のデジタルチャネル

34歳未満のUKの消費者約90%は、1年以内にオンラインでファッション用品を購入したことがあり、65歳以上のうち約64%が「オンライン購入に満足している」と答えています。全年齢層の総支出に対して、オンライン支出の平均は55〜65%です。

ファッションカテゴリーの中では、アスレジャーと部屋着が過去1年間で最も人気がありました。ハンドバッグ、ベルトなどのアクセサリーも需要が高まっています。

ショッピングパターンの変化

UKの電子商取引は現在35%ですが、2022年までに市場の50%を占めると予想しています。

ただし、すべてのUKの小売業は、2023年の第2四半期まで耐えられない可能性があります。

eコマースの需要が加速していることとは対照的に、プレイヤーは今後の成長戦略について検討する必要があります。

新しいファンダメンタルズ

調査によると、顧客は高品質のデジタルインタラクションや、新しい試みを高く評価していますが、これらはショッピングに対して決定的な要因ではありません。

実際、顧客の最優先事項は小売業の基本にあります。

結局のところ、目的、金額(必ずしも安いということではない)、価値、魅力などを「吟味して購入したい」と考えています。また、在庫、配達などのインフラを信頼できるWebコンテンツを有する小売業者を支持しています。

お客様は、日用品でも高級品でも、「最高の価値であること」を望んでいるということです。

オンラインで強化する4つの柱

発見

興味深いニュース、オファーを通じての連絡の取り合い、タイムリーで関連性のあるオンライン広告が望ましく、魅力的で使いやすいアプリとダウンロードコンテンツも大切です。

ブラウジング

お客様は、魅力的な製品コンテンツのレビューも重要視しています。さらに比較機能や、シンプルな検索機能なども評価されています。

購入

お客様の優先事項は、コストパフォーマンス、在庫の充実、セールなどです。購入プロセスの品質やシンプルさは、顧客を幸せにするのに大いに役立ちます。

経験

スムーズな配送は高評価です。お客様は商品を簡単に返品、交換できることも評価しています。ニュースレターと同様、ロイヤリティプログラムは前向きに認識されています。

高いネットプロモータースコア(NPS)

を達成しているUKの小売業者は、基本的なニーズを上回っている傾向があります。
NPS(ネットプロモータースコア)とは? 計算方法や調査のコツ、活用方法を紹介
顧客満足度の向上が企業の至上命題となることがあるものの、その実、満足度が高い顧客が新たな顧客を連れてくるものなのかどうかは明確にはなっていません。そのようななか、顧客ロイヤルティの向上とより直接的に結びつく指標としてNPS(ネットプロモータースコア)が注目されています。シンプルで活用がしやすいとされるNPSについて、そ...
購買意欲を刺激するトップパフォーマーは、アディダス、ASOS、アマゾン、ジョンルイス、M&S、ネクスト、ナイキなどがありますが、高評を得るという点では「万能なモデルはない」ということです。

6つのベクトル

これからの小売業者は、顧客が「新しい試みだけに焦点を合わせているわけではないこと」を認識する必要があります。

信頼性、価値、優れたサービスなど、従来的な品質を念頭に置き、デジタル化が進むにつれ、小売業者が戦略を実行するのを支援する6つのテーマがあります。

①コストパフォーマンスを強化

オンラインでは比較をすることが簡単であるため、適切な価格帯、優れた価値提供を重視します。(必ずしも安いということではありません)

Amazon、boohoo、H&Mは、これらで高いスコアを獲得していることが調査で示されています。

②知的に整理していく

商品やサービスのラインナップを整備して、ニーズに対して時間とともにアピールするようにします。

高度な分析とあらゆるデータを活用して、顧客の優先順位と行動に関する深い洞察をし、最適化をしていきます。

この分野のリーダーと見なされている企業は、Amazon、ASOS、JD Sports、John Lewis、Nikeなどがあります。

③在庫の維持とバランス

データを利用して在庫維持と視認性を管理します。在庫不備に対してのレスポンスも重要です。

アクシデントやトラブルがある場合、すぐに顧客に知らせて、在庫が復帰したときに連絡をします。

この分野のクラスのトップは、Amazon、boohoo、Nikeです。

④繋がりを維持

リアルとネットの隙間を減らすオムニチャネルエンゲージメント、パターンを活用するナッジなど、新しいアイデアを活用して、顧客とより緊密なパートナーシップを構築します。

ただし、無差別ということではありません。

Amazon、ASOS、およびboohooは、この分野で高く評価されています。

⑤意図的なウェブデザイン

優れたコンテンツは、購入決定を促すのに大いに役立ちます。

優れた写真とキャッチコピーを優先し、アイデアの価値を上げることです。

この点でリーダーとして挙げられている企業には、Amazon、ASOS、JohnLewisなどがあります。

⑥物流を管理するシステム

ロジスティクスは、eコマースビジネスモデルの重要な要素であり、コストの大きな要因です。

配達が迅速、時間通り、そして信頼を保証することに重点を置いてください。

そして、アクシデントに対しての対応が整っていることを確認してください。

この分野のリーダーには、Amazon、John Lewis、Nextが含まれます。

これからのファッション企業は

デジタルに優れることで、レジリエンス(回復力)を加速するチャンスがあります。たくさんのチャンスの中で、当てはまる格言を覚えておく価値があります。ファンダメンタルズをうまく提供することで、失敗をする企業はほとんどないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました