にほんブログ村 アニメブログへ

 

甘露寺蜜璃「私 いたずらに人を傷つける奴にはキュンとしないの」いたずらに人を傷つける「ドリームキラー対策法」

コーチングについて

「ドリームキラー」とは、文字通り、「人の夢を壊す人」のことをいいます。

ドリームキラーは、劣等感や嫉妬心から意図的に夢を壊そうとする悪意タイプと、友人や両親、学校の先生や上司など、「あなたのことを思って」と、善意で夢を壊そうとするタイプに分かれます。

どちらのタイプにせよ、ドリームキラーはいたずらに(無駄に)人を傷つけるのです。

ドリームキラー対策をおぼえましょう。

その①「夢を人に言わない」

相手の夢に対しての応援方法を熟知している人(プロのコーチ)以外には、自分の夢を教える必要はないと思います。

対象(夢)があるから攻撃を受けて傷つけられてしまう。であれば、その対象(夢)の存在を人に教えないという対策をとれば良いだけなのです。

おそらく、この方法が一番簡単です。

その②「気にせず立ち去る」

夢を壊すような人の話を耳に入れて、体調が良くなるはずがありません。

気にしないという選択が聡明ですが、ドリームキラーに遭遇してしまうこともあるはずです。

そのような時は、「次の仕事があるので」「あっ!〇〇の時間だ!」と言って、その場を立ち去ってしまいましょう。

ドリームキラーの言葉に対しては、たとえウソであっても、うなずいたり、「おっしゃる通りです」「確かにそうですね」と肯定的に対応すべきではありません。

ドリームキラーと戦って時間を無駄にするよりも、自分の夢を達成するうえで必要な行動をする方が重要なはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました