にほんブログ村 アニメブログへ

 

「信用しない 信用しない そもそも鬼は大嫌いだ」伊黒小芭内から学ぶ「信じるとは」

コーチングについて

おそらく伊黒さんは、人がどんな時に何かを信じ、どのように信じる気持ちを利用されるのかを理解しているはずです。

人は、「幸せになりたい」「救われたい」と思った時、何か(誰か)を信じる傾向があるようです。

何かを信じるということは、その何かに自分が影響を受けたり、左右されるという意味でもあり、「生殺与奪の権をゆだねる」ということにもなりかねません。

自分を幸せにすることができるのは、自分ではない何か(誰か)ではなく自分自身であり、幸せは人から与えてもらうものでなく、自分が掴みにいくものだということです。

幸せというものは、確実な条件や、しっかりとした定義などなく、自分が幸せだと思えばそれが幸せなのです。

究極的には、自分が本当にやりたいことをやっていれば、過去の出来事などは関係なく、人は「幸せだ」と感じるのだと思います。

やりたいことを高いポテンシャルでやっていくには、なによりも自己評価がものを言うはずです。

ここで言う自己評価(エフィカシー)とは、「やりたいことを達成する自分の能力に対しての自己評価」です。

これを高めるにはまず、何かや誰かを盲信的に信じるということではなく、「自分自身を信じる」ということが重要であるのは言うまでもありません。

それらを理解したうえで、自分が何を信じるかは自分次第ということかと思います。

もしかしたら僕が考えすぎで、伊黒さんは「鬼=嫌い 信じない」「甘露寺蜜璃=大好き 信じる」という、単純な思考なのかもしれませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました